白髪染め 部分染め 全体染め

白髪染めの部分染めと全体染めのやり方は違う?

白髪の生え方は人それぞれです。全体的に白髪になる人や一部だけが白髪になる人もいます。

 

白髪染めをする場合、全体に生えている白髪染めと一部の白髪を染めるのでは方法は違うのでしょうか?

 

結論から言いますと、どちらの場合でも白髪を染めるやり方に違いはありません。カラーリング剤で染める場合は、髪全体に塗るのか一部に塗るのかという違いがあるだけです。放置する時間や薬剤の使用量も変わりません。

 

薬剤を塗った部分だけが染まりますので、染めたい部分にだけ塗ります。

 

ただし、白髪染めの部分染めの場合、元の髪の色とは違いが出てしまいます。全体に染めないと色がまばらになってしまいますので注意が必要です。白髪染めは白髪以外の毛も同じ色に染めてくれますので色ムラが出ないようにするには、白髪が一部であっても全体に塗ります。

 

注意するのは、白髪染めは普通のカラーリングよりも痛みやすいので、何度も繰り返すと髪がパサパサになります。しっかりとトリートメントをして、髪を補う事を忘れないでください。白髪の部位が少ない場合は、元の髪色に合わせて白髪の部分染めをするのも良いですね!髪へのダメージを最低限におさえることができます。

 

部分染めの場合、一時的に染めるタイプのものもあります。お湯で簡単に落とせるので、お出かけ前に気になる部分に染める場合に便利です。

 

白髪の全体染めと部分染めの方法に大きな違いはありません。

 

髪に受けるダメージや仕上がりを考慮して、白髪を一番キレイに染められる方法を探してみましょう!

白髪染めの部分染めと全体染めのやり方は違う?関連ページ

白髪染めと育毛剤は併用しても良いの?
白髪染めと育毛剤の併用は許されるのでしょうか?私にとっては、どっちも必需品です。
白髪染めはパーマと併用は避けましょう!
白髪染めをする時にパーマも併用してかけたい場合ってありますよね?同時にすることは避けた方が良いみたいですね。
白髪染めでは成分に注意するべきです!
白髪染めを使う場合、白髪染めの成分にも気をつかうようにしましょう!注意すべき成分についてご紹介します。