白髪染め 白髪染め

ヘナカラーで白髪はきれいに染まりますか?

髪の毛にダメージを与えずに白髪染めできる方法として、ヘナカラーというものがあります。美容室でも、取り扱っている店舗は多いです。

 

ヘナカラーは、草木染めとも呼ばれます。薬自体が天然の成分を使用していて、色味を入れるのも天然の成分になっています。植物から取れる色素を染料にしているので、色味のバリエーションはあまりありません。

 

植物系のとても優しいお薬で、ジアミン染料と呼ばれます。ジアミン染料は医薬品、化粧品として登録されずに、ヘナカラーは雑貨として登録されています。それぐらい、髪の毛にも頭皮にも優しい白髪染めと言えます。

 

白髪が染まる仕組みは、髪の毛の周りをコーティングするように色味を付けていくといったイメージです。髪の毛の内部にまで働きかけませんので、色落ちの頻度は早い方です。また白髪は染まるのですが、上から色を付けているだけなので、若干浮いたような仕上がりになります。

 

だいたい2~3週間もすれば、色が抜けてくる場合がほとんどのようです。

 

それでも、髪の毛と頭皮にはとても優しいので、ダメージの気になる方にはいいかもしれませんね。しかし、ダメージも気になるけど、白髪もしっかり染めたいというのが本音ではないでしょうか。どうせ白髪染めをするのであれば、できるだけ白髪はきれいに染めて長持ちさせたいものです。

 

そのような時には、トリートメント式の白髪染めがおすすめです。

 

微アルカリといって、どちらかというと従来のカラー剤寄りの成分です。しかし髪の毛に優しいギリギリの数値で、髪の毛にも優しく白髪も染まる、理想的な数値なのです。髪の毛の内部にしっかり浸透して、白髪をしっかりと染め上げます。

 

色落ちの心配もなく、トリートメント成分配合なのでダメージも気になりません。しっとりした仕上がりで、髪にハリやコシも出ます。ダメージの少ない白髪染めをお探しの方は、ぜひ一度お試しくださいね。

ヘナカラーで白髪はきれいに染まりますか?関連ページ

白髪と食生活のつながりって?
白髪の原因と食生活には何か影響はあるのでしょうか?今回は、白髪と食生活の繋がりについてまとめてみました♪
髪は皮膚の一部であり、白髪も皮膚の一部!
髪は皮膚の一部?髪の毛の秘密をご紹介します。白髪染めするには、髪の毛の知識が必要です♪
なぜ白髪は明るい色に染められないの?
白髪染めとおしゃれ染めの違いをご存知ですか?白髪染めは比較的暗めの色に染まりますので、もっと明るく染めたいなと思っているのではないでしょうか?
外国人でも白髪になって白髪染めするの?
金髪の外国人でも白髪染めってするのでしょうか?金髪と白髪ってそれほど差があるようには思えませんが、実際どうなのでしょう?
白髪の原因は加齢?
白髪の原因の1つと考えられる加齢について調査しましたのでご紹介します♪
美容院で白髪染めすると高いですよね?
やっぱり白髪染めは美容院でやる方が良いのでしょうか?でも美容院で白髪染めすると高いですよね?
芸能人って白髪対策どうしてるの?
芸能人って全然白髪が目立たないですよ?いったい芸能人って白髪対策どうしているのでしょう?