白髪染め メカニズム

白髪染めのメカニズムを見ていきましょう!

まず、おさえておきたい項目として、白髪染めには基本的に1剤と2剤があります。
これを混ぜ合わせたものを髪に塗っていきます。

 

あとで説明しますが、これに当てはまらないタイプの白髪染めもありますので注意して下さい。

 

白髪染めの1剤って何?

1剤というのは、染料のことで色味が入っています。成分としては、1剤はアルカリ性になります。
このアルカリ性によって、まずは髪の毛の内部の細胞を開きます。

 

白髪染めの2剤って何?

2剤は酸化剤といって、白髪染め染料を髪の内側に定着させる効果があります。
染料は酸化剤と合わて使うことが多いのですが、色味を発色させることができます。

 

これら、1剤と2剤が混ぜ合わさり、はじめて白髪染めの効果を発揮するというわけです。

 

白髪染めのメカニズム

髪の毛には、本来であれば色味の細胞があります。ところが、白髪の場合はこの細胞の中身がないような状態です。そのため、染料の色味がとても入りやすい状態になっています。
1剤のアルカリで細胞が開いている状態で、染料の色味が入ります。

 

ゆえに、時間を置けばおくほど色身は濃くなっていきます。あまり濃い色になりすぎてもおかしいため、時間を守って放置しすぎないことが大切です。

 

 

白髪染め髪へのダメージは?

白髪染めは、白髪を簡単に染める事ができるためとても便利ですが、実は白髪染めを使いすぎるとける事で髪の毛はどんどんダメージを受けてしまいます。

 

髪の毛は本来酸性です。白髪染め1剤はアルカリ性なので、使い続けると髪の毛がどんどんアルカリに偏っていってしまいます。白髪染めのたびに細胞が開かれるため、髪の毛の栄養分、水分、タンパク質が流れ出てしまうんです。

 

このようにして、栄養や水分が失われた髪の毛は、潤いがなくなってパサつきやすく、毛が細くなりがちです。

 

白髪染めの場合は、通常のカラーリングと違い染めた後に生えてくる白髪が目立ってしまいます。
そのため、普通のカラーリングよりも染める回数が多くなって髪へのダメージが増してしまいます。

 

誰しも、ダメージやパサつきが気になるのではないでしょうか?
カラーリングによる白髪染めを使い続けることはあまりおすすめできません。

 

ダメージのかからないカラーリング方法や、トリートメントタイプの白髪染めもありますので、
違う方法で白髪を染めるようにしてください。

 

白髪がキレイに染まっても、パサパサの髪の毛ではもったいないですよ。
そうならないためにも当サイト一押しのトリートメントタイプの白髪染めがおすすめです!

 

当サイト一押しの白髪染めはこちら

白髪染めのメカニズム関連ページ

白髪が生えてくるメカニズム
そもそも白髪はなぜ生えてくるのでしょう?白髪染めをする前に白髪が生えてくるメカニズムをおさえておきましょう!
白髪染めの種類
白髪染めには色々なタイプの白髪染めがあります。自分がどうなりたいのか?どういう風に白髪染めを使っていきたいのか?によって選ぶべき白髪染めは変わってきます。
白髪染めの間隔はどのぐらい?
白髪染めはどのぐらいの間隔でしていますか?どのぐらいの間隔が理想なのでしょう?
白髪染めトリートメントの正しい使い方!
最近流行の白髪染めトリートメントですが、正しい使い方をご存知ですか?最大限の効果を引き出すためには正しい使い方を知る必要があります。