白髪染め パーマ

白髪染めはパーマと併用は避けましょう!

ふだん白髪染めを使っている方は、パーマした後もと両方のしたい場合があると思います。そこで気になるのが、ダメージと、白髪染めとパーマの仕上がりですよね。

 

白髪染めとパーマは同時にしても大丈夫なのでしょうか?

 

美容室での白髪染め

美容室では、基本的に白髪染めとパーマは同時に行いません。できないことはないのですが、やっぱり髪へのダメージを考えると、同時にやらない方がリスクが低いからです。またカラーとパーマを同時に行うと、キレイに仕上がらないことがあるためです。

 

白髪染めの色味が入りにくかったり、パーマのかかり具合が悪くなったりするからです。これらの理由から、美容室ではなるべく白髪染めとパーマは同時には行わないようにするのが基本のようです。

 

自宅での白髪染め

自宅で白髪染めをしている場合はどうでしょうか?

 

自宅で使用する白髪染めが市販のカラーリングの場合は、美容室と同じような薬ですので、同時にするのはやめましょう。パーマと白髪染めの間は1週間はあけるようにしましょう!ただし、その場合でも髪の毛のダメージに気をつけてください。

 

たとえ1週間の間をあけても、短期間の間でカラーリングとパーマをするのは髪の毛に大きなダメージを与えます。必ずトリートメントなどで髪の毛の栄養や潤いを補いながら行うようにしましょう!それでもカラーの染まりが悪くなったりする場合があるので、注意しましょう。

 

自宅と美容室どっちがおすすめ?

自宅で白髪染めをするのであれば、おすすめなのはトリートメントタイプの白髪染めです。栄養分と水分、ハリ・コシも補いながら白髪染めができるので、美容室での白髪染めよりも負担が少なくなります。

 

パーマをしたい方にもおすすめです。カラー自体のダメージを減らせますので普通のカラーリングよりも負担を減らすことができます。こちらの場合でも白髪染めとパーマは1週間ほど間をあけたほうが良いのですが、普通のカラーリングよりパーマの仕上がりも良くなるとおもいます。

 

また美容室でパーマも白髪染めも両方してしまうと、時間もかかりますし費用もかかります。白髪染めをトリートメントタイプの白髪染めにするだけで、時間も費用もかなりおさえることができます。また髪の毛へのダメージも減らすことができて、キレイに仕上がりますので、ぜひ一度試してみてください。

 

おすすめは、当サイト一押しのこちらの白髪染めトリートメントです。

 

当サイト一押しの白髪染めトリートメントはこちら

白髪染めはパーマと併用は避けましょう!関連ページ

白髪染めと育毛剤は併用しても良いの?
白髪染めと育毛剤の併用は許されるのでしょうか?私にとっては、どっちも必需品です。
白髪染めの部分染めと全体染めのやり方は違う?
白髪染めのやり方には、気になる部分のみ染める部分染めと、髪全体を染める全体染めがあります。これらのやり方は違うのでしょうか?
白髪染めでは成分に注意するべきです!
白髪染めを使う場合、白髪染めの成分にも気をつかうようにしましょう!注意すべき成分についてご紹介します。