白髪染め 成分

白髪染めでは成分に注意するべきです!

美容室で使われている白髪染めには、以下の2つが入っています。

髪の細胞を開く成分

色味を入れる成分

 

髪の細胞を開く成分ってと思うかもしれませんね。髪の毛にはもともと色素があります。その色素から色味が抜ける事で白髪になってしまいます。色素の細胞を一度開き、そこに色味を入れるというのが、白髪染めの仕組みです。

 

ここで注意すべき成分は、色素の細胞を開く成分です。

 

この成分というのは、とても髪にダメージを与えやすく、成分や栄養分が抜けてしまうという悪影響があるんです。
開いた細胞に色味を入れるので、白髪はキレイに染まるのですが、この時に水分や栄養分が抜けてしまいます。
このダメージを出来る限りおさえるために、色味の成分に栄養やトリートメントが入っており、髪を補いながら美容室でも染めてくれるのですが、やはりカラーリングでダメージを受けた髪はパサパサで栄養不足になってしまうのです。
カラーリングは、白髪がキレイに染まる反面、髪の毛の栄養も抜けてしまうのです。これは、市販で売られているカラー剤も同じ仕組みです。むしろ、市販のカラー剤は誰でも簡単に染めれるように、美容室よりも少し薬が強めになっている場合があります。

 

放置時間が長くしてしまうなど、使い方を間違えると、必要以上に髪へダメージを与えることになってしまうかもしれません。

 

 

髪に優しい成分の白髪染めはないの?

白髪染めはしたいけど、このような髪へのダメージが気になるという方には、白髪染めトリートメントがおすすめです。

 

白髪染めトリートメントは、基本的にトリートメント成分なので髪の細胞を開くといった成分は入っていません。髪の中に栄養や水分を取り込むトリートメント本来の仕組みの中に、白髪を染める効果が加わったものになります。

 

そのため、白髪を染める際に髪に与えるダメージがほとんんどないという特徴があります。カラーリングに比べて色の種類は少なくなりますが、髪をいたわりながら白髪を染める事ができます。髪や頭皮へ優しい成分のみであるため、

 

アレルギーや敏感肌でカラーリングが出来ない人でも使うことができます。

 

白髪染めはしたいけど、髪へのダメージは抑えたいという方は、ぜひ一度試してみてください。

 

おすすめの白髪染めトリートメントはこちら

白髪染めでは成分に注意するべきです!関連ページ

白髪染めと育毛剤は併用しても良いの?
白髪染めと育毛剤の併用は許されるのでしょうか?私にとっては、どっちも必需品です。
白髪染めはパーマと併用は避けましょう!
白髪染めをする時にパーマも併用してかけたい場合ってありますよね?同時にすることは避けた方が良いみたいですね。
白髪染めの部分染めと全体染めのやり方は違う?
白髪染めのやり方には、気になる部分のみ染める部分染めと、髪全体を染める全体染めがあります。これらのやり方は違うのでしょうか?