白髪染め 影響

白髪染めを繰り返すと、どんな影響がありますか?

白髪の気になる方は、頻繁に白髪染めをしますね。その頻度は人にもよりますが、多い人では2、3週間に1度くらいのペースでされているのではないでしょうか。

 

頻繁に美容室や市販のカラー剤で白髪染めをしていると、髪の毛にはどんな影響があるのでしょうか?

 

白髪染めの仕組みは、髪の毛の細胞を1度はがしてその中に色味を入れるという流れになっています。髪の毛には色素細胞があるのですが、カラー剤の中のアルカリ性によって細胞内に色を入れます。時間を置く事によって色味を定着させて、白髪がきれいに染まるのです。

 

見た目もきれいに染まり、色落ちもしにくいのが特徴です。しかし髪の毛は元々酸性なので、アルカリ性のカラーリングを続ける事は髪の毛を痛め続けているのと同じです。しっかりとトリートメントをしたり、頻度を少なくするなどしないと、髪の毛から栄養と水分が抜けてしまいます。

 

水分と栄養を失った髪の毛は、パサパサでゴワつき、硬くなります。手入れもしにくくなりますし、1度ダメージ毛になってしまうとなかなか元の健康毛には戻りません。

 

どんな白髪染めを選べば良いの?

白髪染めを長く続けていくのであれば、ダメージの事も考えて、髪の毛に優しい白髪染めを選んだほうがいいですね。見た目にはきれいでも、髪の毛の内部が傷んでいるといくら白髪染めをしてもツヤがでません。

 

優しいタイプの白髪染めは、ヘアマニキュアやヘナカラーなど色々あります。これらは酸性の白髪染めで、色落ちや白髪が染まらないという事がありますが、髪の毛にはとても優しいです。他にも、自宅で出来る新しいタイプの白髪染めもあります。トリートメント式で、色味もしっかりと入り、ダメージもありません。微アルカリ性といって、ヘアマニキュアやヘナカラーよりも白髪がきれいに染まって色落ちの心配もありません。トリートメント感覚で自分でつけられるので、技術もいりませんし誰でも簡単に、ムラなく染められます。

 

こういった優しいタイプの白髪染めですと、どんなに繰り返しても髪の毛は傷みません。
水分も栄養分も残ったままで、むしろ使い続けると髪の毛が潤ってくるという声も聞かれます。

 

白髪染めの繰り返しによるダメージを気にされている方はぜひ1度おお試しください。

白髪染めを繰り返すと、どんな影響がありますか?関連ページ

白髪を抜く事は髪に良いの?
よく白髪を抜くと白髪が増えると言いますよね?でも逆に白髪を抜く事が髪に良いという説もあるみたいですがこれって本当??
白髪染めって安全なの?
白髪染めって体に害はなく安全なのでしょうか?心配になったのでちょっと調べてみました。
白髪染めとヘアカラーって何が違うの?
白髪染めとヘアカラーって何か違いがあるのでしょうか?2つの違いについて調べてみました♪
白髪染めとブリーチの違いって?
白髪染めとブリーチの違いについて、どんな違いがあるのかみてみましょう!
白髪染めの男性用と女性用って何が違うの?
白髪染めには男性用とか女性とか何か違いがあるのでしょうか
若白髪の原因とは?【若白髪って何歳まで?】
若白髪の悩みは深いですよね。若白髪の原因について調べてみました!
色んな白髪染めを交互にしても大丈夫?
今は色々な白髪染めを試したいなと思っているのですが、色々な白髪染めを交互に使用しても大丈夫なのでしょうか?
若白髪って治せるの?
若白髪の悩みを抱えている方は多くいらっしゃるでしょう?若白髪って治すことができるのでしょうか?
なぜ白髪染めトリートメントが良いのでしょう?
最近トリートメントタイプの白髪染めが人気ですよね?なぜ白髪染めトリートメントが良いのでしょう?