白髪染め 使用 交互

色んな白髪染めを交互にしても大丈夫?

 

白髪染めには様々な方法があります。先月と今月で違う白髪染めをしたら、
何か影響はあるのでしょうか?

 

白髪染めの種類にもよりますが、染まりにくくなるパターンもあります。染まりにくいでいえば、ヘナカラーの後に行う他の白髪染めは基本的に色が入りにくいとされています。美容室でも、一度ヘナカラーをすると、他の白髪染めの色が入りにくくなってしまいますという説明があるはずです。

 

ヘナカラーは自然派の白髪染めで髪にも頭皮にも優しい方法です。しかし、独特の成分で髪の毛に色味を定着させるので、次に行うカラーの色味が入りにくくなってしまうのです。ヘナカラーをすることによって髪の毛の質も変わってしまいます。ですので、次に違う方法で白髪染めをしたい時には、髪の毛が新しく生え変わるまで待たないといけません。
それくらい、ヘナカラーは慎重にしなければいけません。

 

他にも、ヘアマニキュアの後のヘアカラーも染まりにくいとされています。ヘアマニキュアは、髪の毛をコーティンングして色をつける方法で白髪を染めていきます。マニキュアでコーティングされた髪の毛は、次のカラーリングやパーマが入りにくいのです。色味の若干のズレもありますので、あまりおすすめできません。

中には、これらを承知で、マニキュアと普通のカラーリングを交互に行う方もいるようです。髪の毛がなるべく傷みにくいようにという事でそうされるみたいですね。しかし違うカラーリングを交互に行っていては、キレイな色に均一に染まりません。普通のヘアカラーをしている時点で髪の毛にダメージはありますので、いい方法とは言えません。

 

ダメージが気になりなおかつ白髪もキレイに染めたいのであれば、トリートメント式の白髪染めをお試しください。これなら、ヘアマニキュアやヘナカラーのように、髪と頭皮にダメージがかからずに白髪染めができます。

 

トリートメント成分が配合されていて、髪にツヤを与えてハリ・コシも出てきます。
さらに白髪もキレイに染まり、使い続けるたびに髪の毛がキレイになっていきます。

 

様々な白髪染めを試していくよりは、優しくて効果も実感できる白髪染めを長く使い続ける方が髪の毛のためになります。

色んな白髪染めを交互にしても大丈夫?関連ページ

白髪を抜く事は髪に良いの?
よく白髪を抜くと白髪が増えると言いますよね?でも逆に白髪を抜く事が髪に良いという説もあるみたいですがこれって本当??
白髪染めって安全なの?
白髪染めって体に害はなく安全なのでしょうか?心配になったのでちょっと調べてみました。
白髪染めとヘアカラーって何が違うの?
白髪染めとヘアカラーって何か違いがあるのでしょうか?2つの違いについて調べてみました♪
白髪染めとブリーチの違いって?
白髪染めとブリーチの違いについて、どんな違いがあるのかみてみましょう!
白髪染めの男性用と女性用って何が違うの?
白髪染めには男性用とか女性とか何か違いがあるのでしょうか
若白髪の原因とは?【若白髪って何歳まで?】
若白髪の悩みは深いですよね。若白髪の原因について調べてみました!
白髪染めを繰り返すと、どんな影響がありますか?
白髪染めはどんなものを使ったとしても、結果繰り返し使っていく必要があります。白髪染めを繰り返すと、どんな影響があるのでしょうか?
若白髪って治せるの?
若白髪の悩みを抱えている方は多くいらっしゃるでしょう?若白髪って治すことができるのでしょうか?
なぜ白髪染めトリートメントが良いのでしょう?
最近トリートメントタイプの白髪染めが人気ですよね?なぜ白髪染めトリートメントが良いのでしょう?